鈴木智彦著『サカナとヤクザ』補稿

新刊の資料、補足、写真、こぼれ話。

築地の魚河岸のナンバーワン食堂

f:id:yatasuzuki:20181010122528j:plain

そりゃあ吉野屋の1号店でしょう。異存あるまい。狂牛病騒ぎの中でも牛丼の提供をやめなかったらしい。銚子市に観光行って肉を食う逆張りはイラッとくるんですけど、魚河岸で肉を食うのは、ここで働いてる人間のチョイスに乗っかってみるという雰囲気があって好きです。ああ、ただの身勝手。

 

f:id:yatasuzuki:20181010122315j:plain

実際、場内で寿司食ってるのは観光客です。というより、多くの業者が安い業者から弁当をとってて、それを食べていた。味気ない話で。

場内にあった豊ちゃんの『あたま』は、カツ丼の上にのってるそれのこと。ライスを別注するのが通らしく、築地市場聞き書きにも登場します。

味は……うまいけど…けど…って感じでしたw