鈴木智彦著『サカナとヤクザ』補稿

新刊の資料、補足、写真、こぼれ話。

大物は築地の華である。

f:id:yatasuzuki:20181005223449j:plain

記事のタイトルは、正延哲士の小説『伝説のやくざ・ボンノ』の有名な一節、「ボンノは、男の華である」オマージュです。実際、そう表現しても異存はなかろう。大物って言うのはマグロです。大きいからだと思います。知らんけど。第二章に、年末、俺が大物の手伝いにまわされ、生のマグロを不用意に持ち上げ怒鳴られるシーンがありますが、これです。乱暴に持つと肉が離れちゃって売り物にならない。

f:id:yatasuzuki:20181005225215j:plain

当然ながらマグロを解体する包丁もでかいです。ほぼ日本刀です。値段もけっこうします。京都の有名である有次から分家した店舗もある。BLEACHの檜佐木修兵がいう”命を刈り取る形”の刃物も売ってます。俺はいつも包丁をここに研ぎに出してるんだけど、そんなに高くないです。有次の店舗は場内に一軒、場外に一軒あったんだけど、場外の店舗はラーメン屋の火事に巻き込まれてしまった。ともあれ、こんな物騒な刃物がそこら中にある場所もそうはないだろう。

あと『サカナとヤクザ』には大物の人らが使う”手鉤”も出来てます。

fishingdirect.jp

いろんな使い方が出来るたいへん万能な道具なんですが、魚河岸以外では一切役に立ちません。というか、持って歩いてたら通報されるだろう。

最後にそんな築地市場で、数年前、マグロ包丁を振り回し暴れた男がおりまして、魚河岸のおっちゃんたちがよってたかってボコる様子が外国人観光客によって撮影されております。俺のバイト先の社員も見に行ったそうで。ターレーの先端部分はぶつけるための鉄板装甲なので、車などひとたまりもありません。

ボコられたおっちゃんはその後、中野区の選挙に立候補してました。選挙は躁病の華なんだな。東京怖い。

 

 

伝説のやくざ ボンノ

伝説のやくざ ボンノ

 
有次と庖丁

有次と庖丁

 
BLEACHイラスト集 JET (愛蔵版コミックス)

BLEACHイラスト集 JET (愛蔵版コミックス)