鈴木智彦著『サカナとヤクザ』補稿

新刊の資料、補足、写真、こぼれ話。

鮭のドレスとスーパー・バイトの加藤君(仮名)。

f:id:yatasuzuki:20181005014410j:plain

第二章で出てくる鮭のドレス。ドレスとは魚の頭、エラ、内臓を取り除いたもののこと。この箱の中にドレスが4~6匹分入ってるんだけど、いったん取り出し、電動のこぎりで二枚下ろしにして、再び箱詰めして配送場所に運ぶ。これが午前2時に出社して、最初にやる仕事でした。重いんですよ。めちゃくちゃ。ターレに5段重ねくらいだったら俺も詰めます。でもそれじゃ駄目なんです。

同僚のスーパー・バイトの加藤君(仮名)……第二章に出てくるんですけど、彼はドレスを6段とか7段重ねにしていた。腕力もあって頭も切れる。気も回るし、ターレーの運転もうまい。場内でターレーはどう走ったらいいのか知ってますか? あれ、怯んだ方が道を譲るんですw 加藤君は絶対に競り負けなかった。そのぶん事故は多かったけど。ちなみにターレーにはナンバープレートがついてるので公道はどこでも走れます。そして築地の場内で事故になると警察が来て検分をする。保険もききます。

加藤君はオヤジ狩りをして捕まり、高校を中退して、一時期、ヤクザに誘われたらしい。すごくわかる。実際、昔はこういった人が若い衆になってたんだと思う。

暴力団の取材をはじめた時、住吉会の堀政夫総裁(故人)が「どんなに年下の若い衆でもクン付けて呼ばなかった」というエピソードをきいてなるほどと思い、以後、年下でも「さん」付けて呼ぶようにしてたんです。でも加藤君は俺の息子くらい年が離れれて、なんといっても毎日頼ってばかりいたので、気が緩んでクン付けて呼んでいた。

f:id:yatasuzuki:20181005015725j:plain

加藤君はまだ築地で働いている。もう5年だからけっこうな顔だろう。俺は加藤君からもらったドカジャンをいまも持っている。今年も活躍するだろう。

聞き書き にっぽんの漁師 (ちくま文庫)

聞き書き にっぽんの漁師 (ちくま文庫)

 
築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」

築地魚河岸 ことばの話 読んで味わう「粋」と「意気」